スクラッチ開発

パッケージ製品を利用せずに、開発のすべてを初めから独自に開発しますので、他社に先駆けた貴社独自の新しい戦略を実現するためのシステムや、最先端の技術を組み込んでいくことができるようになります。
ERPやEC等、パッケージベースでカスタマイズ開発の場合、開発費用に加えてパッケージ製品やデータベース製品のライセンス料+利用期間のメンテナンス・バージョンアップ費用をトータルすると莫大な金額となる場合があります。
スクラッチ開発を採用すると既存製品の仕様の制約を受けず、柔軟に作り込んでいくことができる分、開発期間や開発費用は比較的かかりますが、オープンソースと併用するなどしてパッケージ製品のいいところを享受しながらライセンス費用を大幅に下げるなどの工夫でき、永年利用することで、パッケージカスタマイズよりも低コストだったという例も珍しくありませんので、弊社コンサルタントにご相談ください。