わかる!パイオニア・ソフト

働く理由について

働く理由についてのアンケート結果です。
「充実した生活を送るため」「家族のため」「自己成長のため」で約9割
パイオニア・ソフトでは、そんな社員やその家族のみなさんが豊かな生活を送ることができるように、大切な人の誕生日に休暇を奨励する「バースデー休暇制度」や、自分の成長のために有給休暇を取得すると手当がもらえる「自己啓発休暇制度」などがあります。


社員の男女比率

男女比率は男性が8割。経済産業省が実施した「平成30年特定サービス産業実態調査」の調査結果とほぼ同じ割合ですが、令和2年4月入社の新入社員17名のうち、男性が11名[64.8%]、女性が6名[35.2%]です。令和3年入社の新卒採用では応募者の男女比率は半々ぐらいですので、これからは女性の割合が増えてくるでしょうね。


出身地別人数

地域別で圧倒的に九州の出身者が多いのは、福岡で創業した企業だからでしょうか。パイオニア・ソフトでは2019年に日本橋オフィスを設立し、東京メトロ茅場町駅から徒歩1分という好立地に東京本社を移転してからは関東地方からの応募も増加しました。2020年7月現在の在宅勤務率はやく85%。またリモート面接を実施していますので、各地方からの応募が徐々に増え始めています。


最終学歴別の割合

半数は大学を卒業しての入社、高校や専門学校を卒業後に入社される方は3割近くいます。パイオニア・ソフトでは最終学歴に関わらず、新卒採用から入社される方の基本給額は一般的な大学卒レベルからスタートします。
入社後に与えられた仕事をこなすのは当たり前、自ら課題形成・発見や自己発信を行い行動できる人が活躍できる場面が多くあります。


キャリア別の人数

約半数が学校を卒業してすぐに入社された方ですが、中途入社された方も多くいます。中には新たなキャリアを志して未経験で中途入社され、今では活躍されている方も多くいますよ。


学部別の人数・割合

就職活動を機にシステムエンジニアを目指す文系の方は2割以上。
出身学部に関係なく、これまで培った経験や知識を活かせるのがシステム開発というお仕事です。パイオニア・ソフトの新人研修ではプログラミングの経験が無い方を対象として基礎からはじめ、3ヶ月の集合研修のあとは各現場でトレーナーの指導の元でOJTを行います。
翌年に後輩たちが入社するころには、みなさん戦力として活躍されています。


社内開発と取引先での開発の割合

よく質問があるのが、社内開発とお客様先での開発といった作業場所のお話です。プロジェクトの時期や状況によって変わりますが、だいたい6:4ぐらいでしょうか。社内開発を希望され、お客様先で働くのは不安だという方が多くいますが、それぞれの良さがあります。どちらが向いているかはそれぞれですが、これまで社内で開発していた方がお客様先に作業場所が変わった途端に急成長したという例がとても多くあります。
「成長機会」や「いい刺激を受ける」という観点で考えると、両方経験するのが一番だと思います。


育児休暇の取得復帰率

育児休暇取得後に職場復帰するのが難しいという話を聞きますが、パイオニア・ソフトの復帰率は100%。セレクティブタイム制度、ショートタイム勤務制度、在宅勤務制度をフル活用して、みなさん子育てとお仕事を両立されています。